起業体験プログラムStartupBaseを通し、離島の地方創生に挑む高校生に話聞いてみた!

2019年06月02日

こんにちは、Qulii編集部の王です。
今回は離島の地方創生に挑んでいる高校生2人に話聞いてみました!

黒澤:こんにちは、東京都立大島海洋国際高等学校3年の黒澤です!学校は伊豆大島という、約7000人住んでいる東京都の離島にあります。生徒会長をしていて、今土地を借りて自分でパッションフルーツ育ててます!体動かすことが趣味です。

佐藤:こんにちは、北海道奥尻高等学校の佐藤です。今住んでいる奥尻島は北海道にあり、約2000人住んでいます。同じく生徒会長やっててます。地方創生に興味があって、空いた時間を使って色々調べています。

StartupBaseとは?

高校生向けの2日間の起業体験プログラム。2日間チームと一緒に会社を立ち上げビジネスを計画し、最終日審査員の前で自分たちのアイデアを発表する。

どうして参加しようと思ったのですか?

黒澤:普段は島の全寮制で生活してて、同年代から刺激を受けることなかったです。同年代の志が高い人たちに囲まれた環境で刺激を受け、自分を成長させたかったです。

佐藤:去年に奥尻島で行われたStartupBaseのポスターを見て、黒澤くんと同じように同世代の面白い人たちに刺激を受けたくて、参加しました。今回は2度目で、自分が前回と比べでどれぐらい成長したか確かめたかったです!

当日はどういう感じだったですか?

黒澤・佐藤:
1日目はチーム作りとアイデアのブラッシュアップをひたすらしていました。
会場に入り概要の説明を受けたあと、まずスタートアップの知識の講座を受けました。会社の仕組みの部分ではなく、売れる商品は何から生まれたかという部分に着目して、メルカリやGoProなど最近の良いサービスを例に挙げながら説明してくれました。

アイスブレイクしたのちに、それぞれが自分のアイデアを発表する時間でした。みんながアイデアを出したあと、多数決でどのアイデアが良かったかを決め、課題感が近い人で7つのチームを作りました。

チームでランチを取った後、より詳しくアイデアを詰める時間です。自分たちで考え、疑問があったり、煮詰まったらメンターに相談してさらに磨いて行く。チームによっては外出てアンケートを取ったりして自由に時間を使えました。

2日目は合同発表でみんなの前で1分間で自分たちの考えを共有し、4分間質問を受けました。その後ブラッシュアップタイムで合同発表で抱えた疑問点を最後の時間使ってブラッシュアップし、最終プレゼンに備えます。

StartupBaseを通し、得られたことは何ですか?

黒澤:まずやってみる。やらないよりはやってみてそこから改善して行くことを学びました。メルカリも初めはとりあえず作ってから、周りの意見をもとに機能をどんどん改善させていった。今回の自分たちのビジネスアイデアも、終盤は自分のプランがほとんど変わって、他の意見を取り入れてブラッシュアップして行きました。

佐藤:「一人の需要からみんなの需要につながる。」という言葉がとても心に響いた。最初はみんなアイデアピッチで色々出したけど、選ばれた7人は「一人が考えているものではなくて、みんなが考えていることにつながる」必要なのは自分だけの需要だけではないことが通してわかった。

StartupBaseを終えて、今どんなことに取り組んでいるのですか?

佐藤:チームの5人のうち、3人は離島出身でした。今まで自分たちの離島の問題しか知らなかったのですが、話してみて、どこも同じような課題を抱えていることに気づきました。離島の若者の横のつながりをもっと作って、離島の問題に直面したい。そんな思いで「islandi (アイランディ)」というFacebookのコミュニティを作りました。離島に住んでいるもしくは興味ある高校生・離島の課題に取り組んでいる社会人の方を募集しています!

離島コミュニティislandiのFacebookページはこちらから:「離島コミュニティislandi」

islandiでは今どんな活動していますか?

黒澤:今はお互い取り組んでいることをシェアしたり、離島の問題を解決するアイデアをみんなとブラッシュアップさせたりしています!直近ではコミュニティでWeb会議を開き、離島の行政や自分たちにできる取り組みを共に考えていこうと考えています。
またキャンプファイアでislandiのアカウントを作り、コミュニティで生まれたアイデアを実現させたり、自分達の個々の取り組みを応援したりしています。最近ではこういう取り組みをキャンプファイアで公開しました!

黒澤くんのクラウドファンディングはこちらから:「伊豆大島」の高校生が、パッションフルーツの実験栽培用ビニールハウスを建てたい!」

StartupBaseはCAMPFIREと提携していて、高校生の挑戦をあとおししてくれます。公開してすぐに多くの方から応援をいただき、無事クラウドファンディング成功しました!多くの方のご支援ありがとうございます!今後もよろしくお願いします!


もっとStartupBaseについて知ってみたいことや、離島問題、クラウドファンディングなどについて聞きたいことがあったら⬇︎の質問箱で送ってください!

peing.net

Facebook
Facebook