高3で進路変更!?北京大学への進学を決意させたサマーキャンプの話を聞いてみた!

2019年05月29日

こんにちは、Qulii編集部のいたけんです!
今回は高3の夏に参加したサマーキャンプをきっかけに、北京大学に進学した女の子の話を聞いてみました!

進路変更に至った経緯を教えて!

中国の大学に進みたい気持ちは前から持っていたんですが、親からは完全に反対されてまして。。。
でも、日本の大学に行っても自分のやりたいことがどうしてもイメージできなくて、そんな自分が嫌だったんです。だから、自分の興味に合っていたDot STATIONに参加することで自分のやりたいことを見つけたかった、という感じです。

自分が興味のある「起業」がテーマだったので、実際に中国の経済スピードや起業の現状に触れたり、アシスタントの清華大学生と夢や想いについて話す中で、自分のやりたいことは中国に関わることだと気づきました。その結果、”留学”ではなく”進学”して中国で学びたいと決めることができました。

Dot STATIONとは?

Dot STATIONは現役清華大学大学院生によって設立・運営されている任意団体です。
今や清華大学はアジアでトップ大学へ名を連ね、世界経済は中国なくして語れない世の中に。
Dot STATIONはそんな中国の大学・企業・研究機関への訪問を通して、”イマ”の中国を肌で感じてもらい、自分の将来について考え直すきっかけを提供したいと考えています。

出典:Qulii
DotSTATIONのプログラムページはこちら!!

なぜDot STATIONに参加したの?


起業に興味があり、プログラムの内容がTik Tokなどの最先端企業訪問や現地起業家の話を聞けるというものだったので、自分のやりたいことのきっかけが見つけられればいいなと思って参加しました。

また、私は中国ドラマが好きで中国文化にも興味があったのですが、周囲の中国への印象が悪いことや、偏見に対する違和感が自分の中であったんです。
偏見があるからこそ、現地へ行って生の中国を知りたかった、という想いがありました。

プログラムの中で特に印象的だったことは?


中国で起業している日本人の方の話を聞く機会があったのですが、その方は地方の教育が都市部に比べて違うことを改善するために、都市部から映像で授業する教育ベンチャーを立ち上げていました。仕事の内容や中国で起業することの敷居の低さ、挑戦することの大切さを聞くことができ、自分の将来について考える大きなきっかけになりました。

私は特に社会起業家に憧れていて、日本ではそういった話を聞く機会がなかったのでとても貴重な体験でした。

あと、清華大学のx-lab(起業支援施設)では施設の充実さや起業支援の体制などが印象的でした。
特に、施設に入っている起業家が作ったものが展示されていたりして、大学生の起業をリアルに感じることができてよかったです。

プログラムを振り返ってどう思いますか?

自分でやりたいことを見つけられました。

経済のスピード感や中国の方々の価値観に実際に触れることで、いろんな刺激がありました。何より同じ参加者や、清華大学の学生と毎日話す中でやっぱり中国の大学に進学したいと決断することができました。

正直進路変更に関しては、受験の夏だったので迷いもすごくありました。しかし、プログラムを通して自分の本当にやりたい道に進むべきだと確信できたので、DotSTATIONの参加中に、中国の大学に進学するぞ、と決意しました。

大学生活と、これからについて教えて!

今は、北京大学の留学生寮に住んでいます。
いろんな国籍の方と関わることができるのはもちろん、各国の人から見た、中国に対する考えや偏見を知ることができて楽しいです。

将来的には教育関係での起業を考えています。大学では、偏見をなぜ持つのか、どうすれば問題を解決できるのかを研究し、いずれは若者が偏見や固定概念を解消して活躍できるような社会作りに励みたいです。

参加を考えている学生に一言

プログラムを通して中国を実感することで印象も変わるし、自分の中での変化がすごく大きかったです。自分の興味のあることを実際に体験することで、新しい考えや自分自身の成長につながると思います!!

DotSTATIONのプログラムページはこちら!!

Quliiに中国への留学や進学について教えてほしいこと、サマーキャンプについて聞きたいことを⬇︎の質問箱で是非質問してください!

peing.net

Facebook
Facebook